2016年07月22日  話数別感想 

2016年夏アニメ 第1話感想 その19~その20

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

 悪い点ばかり目についてしまった。キャラクター紹介が随分あっさりとしていて、これで紹介は終わりですよという雰囲気を出している。どういう世界に生きているのかわからず、そのためキャラクターの目的も見えてこない。小説をアニメにするときに地の文をうまくのせられていない感じ。あだ名がファンタジー感を壊している。OPの曲調もあっているとは思えない。この1話だけ見たらはっきりいって満足できなかった。
 それでも頭ではなく体が感じている、最後まで見たら満足できる作品であると。数年アニメ見て身についたカンみたいなものだろうか。切っても後悔するし、見るのも気が進まない。こういうのが一番困るんだよなあ。どうするかなあ。

ベルセルク

 これは良いファンタジーだ。1話の中で起こった出来事は少ないのに、しっかりとファンタジーしていて、ガイコツが動き出すことをすんなり受け入れられた。殺伐とした世界に極めて現実的な主人公が生きていることで、リアリティが生まれているのかも。世界と主人公の相互作用だ。
 ちょっとテンポが速いのは気になった。せっかくの良質ファンタジー世界、ゆっくりと楽しみたいものだ。ガッツに穏やかな時間が来るかはわからないけれど。

 ちなみに私はベルセルク初見。知識は乏しく、キャラの一人が東方と風呂の話してるネタ画像を見たことがあるだけであります。貼ろうかと思ったけれど幼い子供が見ているかもしれないのでやめておく。わかる人は「あーあれかwwww」と思ってもらえればゆよろしい。
 有名な大作に触れられるとあって、少し緊張しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント