2016年04月30日  話数別感想 

2016年春アニメ 第1話感想 その26~その28

キズナイーバー

 岡田麿里の作品をそれほど沢山見たわけでないけど、キャラクターにどんどん試練を与えていき、キャラクターはそれに応えてどんどん自分の内面を明らかにしていくというイメージがある。本作はまさに「試練」と「内面」が深く関わっていて、存分に力の出せる展開と言えそう。

 園崎さんが良いキャラしてる。なんか壮大なことを言っているけど、今のところやったことといえば、嫌な奴に愉快なあだ名をつけたことくらい。面白人間の素質がある。漢字ばっかりの難しい名前を付けそうなところなのに、俗っぽい言葉を選んでいるところが実に良い。
 6人に7つの大罪を当てはめたということは、7つ目は自分自身なのだろうか。自分がどんな人間なのか愉快なあだ名とともに語ってくれる日がとても楽しみ。愉快なあだ名はその場でパッと思いつくのか、ネタ帳か何かにストックしておくのか、その辺りを妄想すると楽しいよ。
 二次元人は「(名前)・・・(名字)(名前)」と名乗ることが圧倒的に多いのに、「(名字)・・・(名字)(名前)」の順だったのも普通じゃない感があってグッドです。

 ただちょっと気になったのが、現代では人との繋がりが重要になっているというところ。逆なんじゃないかと思います。昔のほうがきつかったのではないかと。


SUPER LOVERS

 テンポの体感速度がとても高い。内容自体はスタンダートな導入だと思うんだけど、2話分を一気に見たような気持ち。なんでなのだろう。周りの情報を少なめにして、主人公2人を描くためにたっぷり時間を使ったからそう見えるのかな。
 とはいえ、きっちりやるべきことはやってるので嫌な感じはしない。
 野生児君よ、どんどん都会に染まっていくがいい。フヒヒヒ。


甲鉄城のカバネリ

 いやー、面白いです。
 第1話でしっかり世界観や人物を紹介していて、それでいて説明的なセリフの嫌味もなく、映像的な見せ場も複数ある。
 鮮やか。1秒たりとも無駄にせず情報を詰めこんでやろうという意思を感じた。

 武士と電車とゾンビとは、見たことのない組み合わせだ。オリジナル感とは、既存の物の組み合わせと、まとめる力から生まれるのだな。
 物語作りの練習で、様々な要素が書かれたカードを用意して数枚を選び、それらを使って話を作るという方法があるという。それで生まれたような不思議な組み合わせだと思いました。

 主題歌担当者、EGOISTとAimerの並びは強すぎる。少々内容が悪くてもカバーできるようなOPEDなのに、本編もしっかり面白いものだから、もう手が付けられないってものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント