2016年04月14日  話数別感想 

2016年春アニメ 第1話感想 その14~その16

坂本ですが?

 原作漫画を少しだけ読んだことがある。ギャグ漫画として、衝撃的なまでに面白かった。でもアニメ化すると知ったときは少し心配だった。間の管理が非常に大切な作品だから。『日常』がアニメ化すると聞いたときの不安感に似ているかもしれない。

 この作品にどんなBGMがつくのか興味があった。なるほどこういうおしゃれ系なのか。
 笑えるかどうかという点では、はっきり原作に分がある。声とBGMが追加されたことで、面白さよりもおしゃれ感が勝るようになったのだろう。あの原作と真正面から争うこともないので、悪くない方針と思う。

 豪雨の中を歩くサイレント話が面白かった。またこういうのやってもらいたい。



ワガママハイスペック

 えっと・・・・・・商品についてくるおまけアニメじゃないんだよね?

 展開、キャラ名、服装、キャスト・・・・・・いろいろな要素からゲーム原作のにおいがする。アニメとゲームがこんなに別の路線を行っているのかと驚くくらいに。
 まあゲームほとんどやったことないんですけれどね。



Re:ゼロから始める異世界生活

 第1話1時間枠の『落語』。
 異世界転生の『このすば』。
 ループものの『僕だけがいない街』。
 ループものといえば同じ会社が作った『シュタインズゲート』という大作も思い出される。

 昨期の良作たちを中心に、何かと他作品と比較されそうな本作。ネット小説原作という事実も加わってもはや役満コースだ。即切りもありえたのだが・・・・・・。

 いや、これ面白いですよ。すごくいい。 

 一言で言うと雰囲気作りがとても上手い。話の中でほのぼのモードと殺伐モードを行ったり来たりするのですが、その切り替えが実にスムーズ。何度かある「あれ?雰囲気変わったな」という瞬間の、数十秒前から雰囲気を変えるための準備は行われていて、見ているときにはどこが切り替えポイントなのかまるでわからない。後から振り返って気がつくと、一本取られた気持ちになる。そういうポイントがいくつもあるものだから、もう夢中ですよ。
 雰囲気といえば、登場する世界も魅力的と思う。ちゃんと街があって、人が住んでいる。空間が広がっている。背景の買い物客が動くのが本当にすごい。ほのぼのパートのほのぼの感に一役買っている。

 お見事でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント