2016年03月28日  作品別感想 

仮面ライダー1号 感想

この映画の存在をテレビCMを見て知ったとき、こんなの良作とか駄作とか判断できるわけないじゃないか!と思った。今回映画館に行く時にも同じ考えを持っていた。そしてそれは大体合っていた。
本郷猛という伝説のキャラクターが出る以上、この映画は良作でも駄作でもなく、本郷猛なのであった。


整合性が気になる場面が大量にある。10や20じゃ済まないくらい。例えば戦闘シーンの昼夜が切り替わるところとか。
これだけ言うと非難しているようだが、見ている間は意外と気にならない。繋ぎのシーンで「あれっ?」と思うことがあっても、メイン場面の持つエネルギーがとても高いため、かき消されてしまうのだ。
私は序盤にこのことに気付いたため、メイン場面のエネルギーだけを摂取してこの映画を見ていた。とても濃密であった。
脚本の井上敏樹がよくやる構成かもしれない。


普通なら主役のはずのゴースト勢がすっかり脇役なのが面白い。本郷猛が存在しているから仕方ないともいえるのだが。
1号とゴースト、伝説の男と新世代の若者の対話シーンが何度かある。この会話内容が、ゴーストならではのものになっているのが良かった。ここで誰でも答えられる内容だったなら、いよいよ平成ライダー要らないじゃん、ということになってしまいそうだから。
(ゴーストの変身解除音が良くないことがますます悔やまれる)


アクションが良いという前評判を聞いていたがその通りだった。空間を広く使った良いアクションだった。


総合的に見て満足だったのか不満だったのかと聞かれたら、本郷猛だったと答えようと思う。


これから見に行く人に一言。
冷静さを捨てよ。ただ身をゆだねるのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント