2016年03月21日  作品別感想 

KING OF PRISM 感想 / 事前知識なし鑑賞

事前知識なしで映画を見た感想の記事って普通なら結構なキラーコンテンツになるはずなのに、見るのが遅かったせいでそうでもなくなってしまったのが辛いところですね!

まず、知識量がどのくらいなのか書いておきましょう。
・プリリズとプリパラは別物だと聞いたことがあるが、そもそもプリリズもプリパラも何のことやらわからない
・アイカツとの区別すら怪しい
・犬ハサのシャイニー芹澤が出てた気がする
・KING OF PRISMを口コミで知ったため「グロリアスシュワルツ」なるフレーズは知っている
こんな感じの素人が書いた感想です。失礼なことを言うかもしれませんが、どうか暖かく見守ってください。



この映画で印象的だったのは、やはりプリズムショー。
特に冒頭のショーはすさまじく、謎光線を放って受けた人間を悶えさせたり、夢小説ならぬ夢アニメが始まったり、メンバー3人全員が寝坊したりで、「衝撃的」以外の言葉が見つかりませんでした。話題になってるから軽い気持ちで見にきたってのに、自分はどうなってしまうのだろうか……真剣に不安でした。もっと言えば怖かった。
普段物語のツカミをあまり重視せず、尻上がりに面白くなる作品でも高評価する私ではありますが、このときばかりはツカミの重要性を考えざるを得ませんでした。

最初にものすごいのが来たおかげか、中盤、2つのダンスバトルが同時進行する場面は大分落ち着いて見ることができました(あれ、ダンスバトルでいいんですよね?)。
一方はこんな感じの勝負でした。


kinpri06.jpg vs kinpri05.jpg


平沢進の映像から持ってくるところに、私の混乱を感じ取ってもらえればと思います。

もう一方はより激しく戦っていました。それを見て「プリズムショーの演出、何かに似ているなあ」と思っていた私はようやくその正体に気付きました。イナズマイレブンに似てる気がしたんですね。



kinpri04-compressor.gif イナズマイレブンの例


ただしイナズマイレブンはサッカーをしているためまだ理解しやすいのに比べ、KING OF PRISMはプリズムショーなる未知の概念をテーマにしているため、数倍難しいです。

プリズムショーは人を笑顔にするものだそうです。その言葉の通り、私は何度も笑顔になりそうでした。しかしここは多くの人が居る映画館、周りの迷惑になってはいけません。
全身の筋肉に意識を集中させ、横隔膜の位置を確認するようにしながらゆっくりと呼吸をしていました。1時間はとてももたないので、途中の日常パートで深呼吸をして休憩していました。
加えて、両手を握り締めました。これは何かの小説で得た知識で、人間は手を握りながら笑顔になれないそうです。太宰治だったかな?読書が予想外の場所で役に立ちました。

どのタイミングでどこから衝撃的な映像が飛んでくるかわかりません。おかげで3DCGを見ると身構える体になってしまいました。ダンスシーンとかならまだ良いんですが、3DCGで描かれた自動車が出てくるだけで体が勝手に反応してしまうのは困り物です。画面端にキラキラエフェクトが出て、車が急に発光したりしないかな思ってしまう。

終盤、主人公がライブを成功させ、ハッピーエンドの雰囲気に。でもまだやるべき話が残っているし、体内時計が30分経過を告げていたため、もう少し続くと思って見ていたら、静止画をバックに歌が流れ出しました。それがEDだと気付いたときの衝撃はすさまじく、このときばかりは少しだけ息が漏れてしまいました。

映画が終わり館内が明るくなると、周りの人の声が聞こえてきました。みんな一様に、どうすればいいのかわからない様子でした。自分だけが孤独な戦いをしていたのではないと知り、とても心強くなったことを覚えています。

この映画を見た感想を一言でまとめると、すごかったです。良作とか駄作とか、そういうレベルじゃないです。人間の魂を持っていくような……そういうアレでした。





アニメって、色々できるんだなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント