2016年03月21日  作品別感想 

selector destructed WIXOSS 感想

TV版の総集編+追加映像という構成。

総集編なので順に物語を追っていくのだが、物語の核心に触れる2期の内容に割く時間がどうしても長くなってしまうため、1期分はとっても駆け足。見終わってからだとバランスが取れているように思えるけれど、見ている間はこれ大丈夫なのか?と心配になった。ここはマイナスポイントか。

WIXOSS視聴者が見たいキャラといえばおそらくあきらっきーだろう。それについては安心してください。あの場面も、あの場面も、あの場面も、あきらっきーの名場面はほぼ網羅されている。視聴者のことをわかっているなと、見ていてニヤニヤしてしまった。

TV版であまり触れられてなかったところを追加映像で掘り下げている。それによって映画版では主人公が変わったという印象を受けた。別に意外なキャラではないんだろうけど、私は面白い着眼点だと思った。言われてみれば掘り下げがいがあるキャラだなあと。
内容はとても私好みだった。キャラクターにどういう過去があってどういう考えで動いているのかを、私は重視しているからだろう。
TV用に再編集された『ミュウツーの逆襲』をちょっと思い出した。

映画主人公以外のキャラにも追加シーンが用意されている。特に好きなのがサブキャラ2人による会話。物語もそろそろ終わろうかという場面に挿入されているので、少しぼんやりしてきた頭に刺激的だった。ああいうサブキャラ掘り下げは大好き。その後TV版ラストの流れに繋ぐのが本当に良い。

WIXOSSの魅力はストーリーやキャラクターだけではない。不安感を煽るような背景やBGMも欠かせない。映画館のスクリーンとスピーカーで見るWIXOSSは迫力満点だった。この点では映画と相性が良い作品と言えそう。
音楽といえば分島花音の主題歌。あの速くてうねうねした旋律が流れると「ああ、自分は今WIXOSSを見ているのだなあ」と思わされる。とっても幸せでした。今回の映画で一番良い瞬間だったと言っても過言じゃないかも。

上映前は、晶と瀬戸イオナが楽しそうにしているところを見られたらそれでいい、くらいの気持ちだったけれど、追加映像が私に刺さりまくったので、総合的に見て大満足。これでWIXOSSのアニメがきちんと終わったのだなと感慨深くなった。
褒めてばかりいるけれど結局は総集編なわけなので、おそらくTV版視聴者全員が楽しめる映画ではないと思う。でも私は好きです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新コメント