2015/12/29

2015年アニメ10選

ビキニ・ウォリアーズ

昔ながらのRPGの主人公を女性にしたもの。勇者はゲスじゃないといけないことをよくわかってらっしゃる。ギャグの一つだと割り切ったサービスカットも素敵。

わかば*ガール

30分枠の日常系アニメを見るたびに、短いエピソード3つくらいで30分を使うなら最初から短い枠でやればいいのではないかと思ってた。
本作でそれが正しいと証明されて、思わずニヤリ。

シドニアの騎士 第九惑星戦役

やっぱり安心のクオリティ。
最後のまとめ映像を見て、一回一回の戦闘が命がけだった時もあったなあ、遠いところまできたなあ、としみじみした気持ちになった。

聖剣使いの禁呪詠唱

駄作には間違いないと思うんだけど、これだけ突き抜けていれば立派な個性だろう。
間違いなく、今年一番笑ったアニメ。

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン

狂気的ともいえる原作を劣化させないようにアニメ化するにはどうすればいいか?示された解答は、「原作に負けないくらい狂う」だった。
制作陣の脳内が心配。

ハッカドール THE あにめ~しょん

キャラクターがいきいきしていたという点では今年トップクラスなのではないかと。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

自分がどんなアニメなのか理解していて、その通りにふるまったような作品。
やっぱり突き抜けてるって武器なのだ。

のんのんびより りぴーと

田舎設定を生かした贅沢な間の使い方は健在。

落第騎士の英雄譚

面白かった!
毎回見せ場が用意されていて目が離せないしワクワクする。
バトルラノベってだけでスルーしてはいけないと教えてくれた良作。

この作品については別に記事を用意して話してみたい気もする。

監獄学園

エンターテインメントとしてトップクラス。本当に楽しかった。
視聴者の感情をグイグイ引っ張る音楽も素晴らしかった。

放課後のプレアデス

美しい。ただ美しい。
「好き嫌いはわかれるだろうけど、私は好きだよ」というような感想を持つことが多い私だが、この作品は多くの人に見てほしいと思った。
名作。


番外編

リトルウィッチアカデミア
久しぶりに映画館に行くきっかけとなった作品。最後に映画館に行ったのはなんと1999年。
正統派アニメという感じでとても爽快だった。再び続編作られないかなあ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント