2015年12月29日  年間感想 

2014年アニメ10選

2015年も終わりが近付き、今年印象に残った作品をまとめる気満々でいたが、積みアニメの消化がなかなか終わらないため、まだ取りかかることができない。
書きたい気持ちを抑えるために、去年の作品を振り返ってみたい。
考えてみればしっかりとまとめたことがないし良い機会だと思う。

対象
私が全話見たアニメで、2014年アニメだと思っているもの

アルドノア・ゼロ

リアル系ロボに乗ってスーパー系の敵を倒すロボットアニメ。
現代的でシリアスな雰囲気を出してはいるが、面白さの本質は昔のロボットアニメに近いと思う。次々にすごいロボが出てきてかっこよさを感じる、単純な気持ちだ。「男の子的」とでも言えようか。
1クール目のラスボスを見た時は「えっそんなの出していいの!?」と驚いてしまった。

人によって好みが分かれるのは見ていてよくわかる。私は気にいった。雰囲気をまともに受け止めシリアス作品として見るとよくないのかもしれない。勢いを楽しむのだ。

ヤマノススメ セカンドシーズン

正直なところ第1期はいまひとつだった。しかし放送時間が長くなって大化け。
少女の日常生活を描いた作品の中では頭一つ抜けた出来だと思う。
それにしても家が大きい。

ノブナガン

主人公の成長する姿、得体の知れない敵の怖さ、登場キャラが全員活躍する点などが魅力。

初めて主人公の声を聞いたときは、これだけで作品がダメになると思うほど印象が悪かったのに、最後の方ではこの声以外考えられなくなった。不思議なものだ。

ノーゲーム・ノーライフ

最近流行の「俺TUEE系」の一種で、主人公がとても強い。よくある作品との違いは対戦相手も超強いこと。「しっかり苦戦した上で圧勝する」姿は痛快。

ばらかもん

暖かくて爽やか、見ていて気持ちの良い作品。もしかしたら人間もそんなに悪いものではないのかもしれないと思わせられる。

未確認で進行形

絵が綺麗で動きが滑らか。それゆえ登場人物も生き生きしてくる。アニメの楽しさがたっぷり詰まった良作。細かいところに制作陣の愛を感じる。

SHIROBAKO

次々にイベントが起こる飽きさせない構成が素晴らしい。個性豊かな登場人物たちが面白さを支える。
愉快なファンタジーと辛い現実を両方含みながら、明るい雰囲気を保つバランス感覚が絶妙だった。

四月は君の嘘

特に物語前半、母親のエピソードが一段落つくまでの展開が神がかっている。
動きバッチリ、色使いバッチリ、演出バッチリ、間の取り方バッチリ、演技バッチリ、音楽バッチリ。全く隙が無い。
そんなに悪くない後半がかすんでしまうような前半だった。大好き。

ピンポン THE ANIMATION

偉大な原作にも負けないアニメだった。見ていて感情を動かされたという点においては、今までに見たアニメの中でもトップクラス。ぜひ見てほしい。

スペース☆ダンディ

アニメをはじめとした映像作品や創作物を見る上で、見たことのないものを見たいという欲求がある。この作品はその欲求を大いに満たしてくれる。
一つ一つの話が刺激的で2クール続いても全く飽きがこない。
こういう作品は無くなってはいけない。



2014年は特に多くのアニメを見たこともあり、沢山の良い作品に出会えた。
2015年版も年が明けるまでに書きたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント