2017年08月29日  話数別感想 

プリンセス・プリンシパル 第8話

 第6話感想で、
「現アンジェが再会までの間スパイとして苦労してきたのに比べて、現プリンセスは大した事をしてなかったのだと思っていたけど、現プリンセスも何もしていなかったわけではなく世界を変えることを考え続けていたので、2人は対等なのだとわかった」
のようなことを書きながら、それでもやはり現アンジェの方が大分苦労が多かったのではないかと思っていた。
 いや、とんでもなかった。現プリンセスも辛い思いをしてきたのだった。厳しい世界に身を置いてはいるが精神面は比較的自由な現アンジェに比べて、立派な王族になるため自分の性格も自由に選べなかった現プリンセスの方が辛かったとすら言えるかもしれない。何もしてなかったなんて思って申し訳ない。
 これで私は疑問の余地なく2人が対等だと認めることができた。物語が終盤に入るタイミングでこの精神状態になれたのはとても大きい。


 2人の距離感について不思議に思っていた。2人きりの時でも現アンジェは少し遠慮しているようなのに対し、現プリンセスはときに意地悪するほど距離を詰める。どうして態度に違いがあるのか。
 第8話を見てようやくわかった。答えはシンプル、2人の性格が違うんだ。何を当たり前のことを、と言われそうだが、ここまでの話を見ていて2人は対になる存在であり王族とスパイという別々の道を進んだこと以外に違いはないと思いこんでいたので、出会う前から境遇や性格が違っていたことに驚き、納得した。
 現プリンセスの積極性は鼻にバンソウコウを付けて走り回っていた少女と同じ種類のものだなあ、と。鼻にバンソウコウ付けた子供がおとなしいわけがないし(偏見)。
 それぞれが壮絶な生活の中で環境に適した性格に変わっていったが、2人の会話の中では昔の性格や関係性が顔を出すところがとても良い。


 ラストの連弾シーンもバッチリと決まった。2人きりの空間を包む穏やかなメロディが心地良い。
 連弾は歴史的に様々な文脈を含んでいるお約束というべきイベント。実況していた古参百合勢の皆さんが次々に死んでいったのが面白かった。


 お約束イベントといえば、名前呼びイベントというものもある。名前を呼び合って絆を確かめる尊いイベント。
 はたして現アンジェは現プリンセスの名前を呼ぶことはあるのだろうか?今の彼女は立派なプリンセスなのだから名前を呼ばない説、名前を呼んだとき本当の意味で2人は再会するのだ説、どちらにも理がありそう。
 個人の好みを言うと、呼ばない方が良い。一度呼ばないと決めたのなら呼んでほしくないし、未来に向かって生きていくように思えるから。でももし自分が作者だったら呼ばせてしまうと思う。盛り上がるし、現プリンセスが笑顔になってくれるから。
 実に難しいところ。終盤の展開を見守ろう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント