2017年04月27日  作品別感想 

映画 鷲尾須美は勇者である 第2章 感想

 三ノ輪銀生きてくれ、と思って映画を見た人はいるだろうけど、生き残るに違いないと思っていた人は多分いない。原作小説を読んだ人はもちろんわかっているし、『結城友奈』に3人中2人しか登場しないことから何となく察した人もいるだろうし、第2章の予告やポスターは「死にますよー」と言っているようなものだから。Wikipediaにも載っていることだし。

 公式にここまではっきり死亡宣言されると焦点は死ぬかどうかではなくどのように死ぬかである。この作品においてそれは、どのタイミングで樹海化するかということを意味する。そういう点に注目しようと決め気を引き締めて臨んだのだが……いやー序中盤はゆるい展開でしたね。
 これ本当に人が死ぬ作品か?と思うくらい、時間が経つほどに緊張感がなくなっていった。今思えば、こういう風にギャグでシリアスを粉砕するのは岸監督の得意技だったか。失敗することも多い演出だけど、今回は先の展開への警戒心を解く効果があって良かったと思う。

 さて、注目の樹海化タイミングはいつか。楽しい時間を遮ってこそ樹海化は映える。クラスメイトとのおしゃべり、食事、家族と戯れる時間、腹を割った思い出話。容赦なくぶった切るには最適のイベントがどんどん無事に過ぎていく。それは、イベントを全てを無事終わらせ、毎日が続いて行くと信じ切ったその瞬間だった。なるほどなぁ~~~~~。ぶった切るんじゃなくて、全部終わってからなんだなあ。

 停止する鳥の寂しさ。『結城友奈』に比べてこの作品には樹海化警報が無いのが残念だとずっと思っていたけれど、この場面については無音で良かった。それと赤い夕焼けの魔力。
 「終わり」みたいなものが見えた気がした。

 私が描いた最悪のシチュエーションと全然違うものが飛んできた。さらに、滅びが好きな私が、死ぬのを見に来たはずの人間のことを死んでほしくないと思ってしまった。この映画には全局面で圧倒されてしまったなあという思いだ。

 語るべきポイントはもっと沢山あるのかもしれないけれど、最大の焦点だと思っていたことについて話せたのでこの記事は満足。でもあと1点だけ。

 バーテックスを倒した後、光が消えたように白黒になった寂しい樹海。巨大な敵と戦っているときは大きく見えた少女が、今は広大な空間で小さく小さく存在している。それがとても美しく思えた。

 やっぱり勇者シリーズは美しいんだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント