2017年04月11日  作品別感想 

映画 鷲尾須美は勇者である 第1章 感想




 映画を見る前の『鷲尾須美』の事前知識は、『結城友奈』公式HPで連載されていた手記を読んだことと、Wikipediaの作品ページを読んだことくらい。どんなキャラが出るのかくらいは知っているけど、細かい話の流れまではわからないという感じだった。
 だから数少ない知っている点である手記がしっかりアニメ化されていたのは嬉しかった。あそこ声がつくとああなるんですね。あの不穏な感じがとても好き。作品の雰囲気を作り価値を高めていると思う。

 一番上に書いたように、勇者シリーズのことを特別好きでもないし、特別面白いとも思っていない。ただ、美しい作品だなと思ったことはある。
 絵柄が美しい。音楽が美しい。キャラの顔や立ち姿が美しい。樹海が美しい。そして、友情が美しい。
 数年ぶりに見る勇者部ということで、樹海やバーテックス、コーラス付きのBGMなど、何かが出てくるたびに懐かしさを感じていた。特に懐かしかったのは起立礼のあと着席せずに向きを変える生徒達(児童達)ですね。私はあれこそ勇者シリーズの代名詞だと勝手に思っている。
 樹海化警報が聞けなかったのは残念だった。

 と・・・鷲尾須美ちゃんは友達作り苦手真面目ちゃんかわいい。合宿を経て仲間との距離が近付いていくのは見ていて幸せになれたし、ラストの場面で余裕がなくなったような様子で仲間の名前を呼んだところは「かわいい生き物」であった。
 共感しやすかったのは私自身も人付き合いが苦手だからだろうか。私も早く心を開いて「かわいい生き物」になろうと思います。

 メインキャラが小学生でやや声が幼いことと、戦闘シーンが続きずっと大声を出していたので、ちょっと耳がキンキンしてしまった。これは作品というよりも映画館に原因があるのかな。
 耳がキンキンしたといっても声優に問題はないし、むしろ頑張ってくれていたと思う。ぽわぽわ&方言キャラの得意系なんだけどいつもより低年齢感を加えてちょっと新鮮な花澤香菜。歌も演技もだんだん茅原実里みたいに思えてきた三森すずこ。
 そして花守ゆみり。忘れかけていたけれど元々花守ゆみりを見にこの映画を見に来たのだった。多少先の展開を知ってる身として、"こういうキャラ" 界の黄金ルーキー花守が"こういうキャラ"を演じるのを目と耳に焼き付けたくて。("こういうキャラ" がどういうキャラなのかはご想像にお任せします)

 趣味が悪いことはよくわかっている。もしかしたら私の中の趣味が悪い部分が勇者シリーズに興味を持っている理由なのかもしれない。
 上で勇者シリーズは美しいと書いたけれど、明るい感じの美しさだけでなく、暗い感じの美しさもある。美しいものが壊されていくことや、絶望的状況で壊されまいとあがく姿に美しさを感じることもまた事実。
 そういう意味で、もしかしたら『鷲尾須美』は(第2章くらいまでの)先の展開を知り、絶望の前の美しい日常を愛でるのも1つの楽しみ方なのかもしれない。情報を伏せずに、次回予告や第2章のポスターでどんどん情報公開していっているのは、そういう楽しみ方ができるようにするためだったりするのかな。

 先の展開を多少知っているとはいえ、第3章がどのような内容になるのか全然知らない。勇者シリーズには欠かせない"アレ"もまだ出てきてないし、勝負所はまだまだこれからでしょう。
 劇場版の公開日程が、第1章と第2章の間は狭く第3章までの間が大きめに空いているのは、第2章までがどんな物語なのか隠すつもりはないしどんどん出していくけど、第3章の情報はシークレットにするから楽しんでね、という意味ってのは考えすぎかしら。考えすぎなんでしょうね。






■余談
昔Wikipediaでは物語の核心に触れる内容の前後に注意書きをしてくれていたのだけれど、議論の末そういう配慮はやめて堂々とネタバレを書く方針になったらしい。アニメの情報を調べに行ったらネタバレを食らうこともしばしば。ちょっと困るけど仕方ないか。
↓参考リンク
Wikipedia:ネタバレ

これを読んでいる皆さんも気を付けてくださいね。
あ、今回見た映画のページへのリンクをここに置いておきますね。(責任は持ちません)
鷲尾須美は勇者である - Wikipedia
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント