2016年12月19日  雑記 

1週間にアニメを50本見るスケジュールを考える

 ここ10年ほどでテレビアニメの数は増え続け、現在は放送されているアニメは60本とも70本とも言われていて、とても全部チェックできない数のように思われる。しかし実際のところはどうなのだろうか。はたして数十本のアニメを並行して見ることは可能なのだろうか、また、可能だった場合はどのようなスケジュールで行動することになるのか。何事も無理と決める前に検証すべし。今回は週50本見る場合を例にして考えてみよう。


想定条件

 午前9時から午後6時まで働く社会人。通勤は電車で片道1時間。平日はすべて勤務。土曜日と日曜日は全て休日で、仕事のことは考えなくてよいものとする。残業はないものとする。
 アニメ1本を見るために必要な時間は30分とする。
 昼型の生活を守るために深夜アニメのリアルタイム視聴は諦める。睡眠時間もたっぷりとりたい。


平日

 まず平日にどれだけ見られるのかおおよその本数を調べ、残りを休日に見ることにする。平日の空き時間にアニメ視聴予定をどんどんねじ込んでいこう。

06:30~07:00 アニメ1
ちょっと早起きして朝飯前のアニメをキメよう。今日も1日頑張れる気分になるものが良い。ヒキが強いものを選んでしまうと、1日中続きが気になってしまうので良くない。

07:00~08:00 支度、出発
朝のアニメに気持ちを引っ張られすぎると遅刻するので気を付けよう。

08:00~09:00 移動、アニメ2
満員電車の中でもアニメは見られる。モバイル機器様様だ。周りの人の目にも入るので肌色の多い作品は避けるべき。硬派なアニメでかっこよく決めよう。

09:00~18:00 仕事、アニメ3
昼休みを利用してなんとか1本見られないだろうか。職場で見られない雰囲気なら、良い感じのカフェとか公園を探そう。
憂鬱な仕事中にはこれからどの順でアニメを見ていくか考えて気をまぎらわせよう。

18:00~19:00 移動、アニメ4
行きに比べれば車内が空いている。ドアそばや車両端などの好ポジションを確保し、自分だけのフィールドを展開しよう。

19:00~20:00 夕食
準備時間も含めて1時間を取っておく。

20:00~21:00 アニメ5アニメ6
一日で一番落ち着ける時間。その時一番楽しみにしているアニメを見よう。

21:00~22:00 入浴など
体のケアをする人もいるだろうから、入浴時間と合わせて1時間くらい取っておくのがいいだろう。

22:30~23:00 アニメ7
あんまり熱いアニメを選んでしまうと眠れなくなってしまうぞ。

23:00~06:30 睡眠
アニメの見すぎで疲れた目や耳をしっかり休めよう。夢の中でもアニメを見られたらお得。


休日

 平日だけで35本のアニメを見ることができた。残りの15本を見るためには7.5時間を必要とするが、これは土曜日だけでもこなせる量だし、土日に分散させれば全く無理がない。余った時間の過ごし方は様々。惰眠をむさぼってもいいし、別の趣味の時間にあててもいい。もちろん感想ブログを書くのもいいだろう。予定通りに視聴できなかった分を取り戻すための時間としても使える。他にもお出かけ、運動、アニメなども魅力的だ。


バリエーション

 上のスケジュールを基本として、個々人の生活パターンによって細かいところを変えるのが良いだろう。ヒントになるかもしれないので思いついたことを書いておく。

・電車の中はあまりアニメ向きではない。周りの人の迷惑になるかもしれないし、電車の走行音でBGMが聞こえなくなってしまう。ここの視聴を諦めるなら1日に2本減る。その代わりにラジオを聴くのもいいだろう。
・食事をとりながらアニメを見られる人は1日に2本増やすことができる。
・入浴を10分で済ませられる人は2本プラス。
・どうしても深夜アニメをリアルタイムで見たい場合は帰ってすぐ仮眠をとることになる。
・運動不足が気になったらジムに通って自転車を漕ぎながらアニメとかどうかしら。
・歩きアニメ(歩きスマホ風)にも心惹かれるけど、危険だからやめよう。
・1話30分ではなく24分ととらえると、5話見るごとに1話分の時間が生成されてお得。
・ほかの趣味にも力を入れたい人はアニメを減らそう。
・逆に土日で36本見たら平日は1日2本でいいぞ。


こんなにうまくいくわけないだろ馬鹿

 ↑ですよね~

 人間、毎日同じ行動ができるわけはない。突発的イベントが起きるたびスケジュールはズレていき、いずれ収集困難になる。
 この記事を読んでいる社会人の皆さんは、毎日同じ時間に変えることができるわけがないだろ氏ね!!!111と血の涙を流しながら言っていそう。こんな仮定をしてしまったこと自体申し訳ない。
 一番の障害は疲れだ。定期的にアニメを見る人ならわかるだろうが、アニメを見るのはとても疲れる。目と耳を通して脳がダメージを受けているので当然だ。無理をしすぎて早死にし、未来のアニメを見られなくなるのはとても残念なことだ。


自分の持ち時間と向き合う

 実現が難しいからシミュレーションに意味がないかというとそんなことはなく、自分が普段どのように過ごしているかを書き出して自分の持ち時間を把握しておくことで、より上手く行動できると思っている。家計簿に収入と支出を記録することでうまく貯金をするようなものかもしれない。アニメ以外の趣味にも使える考え方だろう。(優秀な人はこれを無意識のうちにやってるんだろうなあ)
 自分は時間の使い方が下手だと嘆くだけで終わらずに効率的な時間の使い方を具体的に考えてみるのは無駄ではない。時間の使い方を考えることは、きっと、貴重な時間を割いて考えるだけの価値があることだ。





 最後にこれだけは言っておかなければならない。私はこんなに頑張った生活をしていません!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント