2016年11月16日  OPED 

前奏部分が良いOPの前奏部分だけを語る

 アニメの初めに流れるOPはそのアニメの看板。ならばOPのはじめにある前奏部分はOPの看板といえる大事なもの。今回はOP前奏部分の良作を紹介していく。

(上の文は全部建前。本当は語りたい気分になっただけ)
(良いOPを全編ではなく前奏部分だけ取り上げる贅沢な記事であります)
(それではどうぞ)


灼眼のシャナⅡ 「JOINT」

zenso17.jpg
zenso18.jpg

 かっこいいOP。メカがかっこよくて、陰影がかっこよくて、ギターがかっこいい。良い物がこれでもかこれでもかと詰め込まれている、質も長さも文句なしの、最高級の前奏部分。
 前奏から話はそれてしまうが、前奏に時間を割いたために歌詞のある部分が60秒しかないのにもかかわらず、物足りなさを感じさせないところも素晴らしいと思う。



レガリア The Three Sacred Stars 「Divine Spell」

zenso07.jpg
zenso08.jpg
zenso09.jpg

 20秒弱の前奏に5個くらいの場面が含まれていてスピード感がある。その1つ1つがかっこいいのはもちろん、OP後半で続きが描かれる場面もあり、丁寧に作られている印象を受ける。なんだか前奏が長いからいろいろ詰め込んどけー、という作者の声が聞こえてこないのが良い。
 いかにも歌が始まりそうなメロディの流れからさらに数秒前奏が続くところが、前奏部分ファンにはたまらないだろう。そんな層がどのくらいいるのかは知らないが。



ベン・トー 「LIVE for LIFE 〜狼たちの夜〜」

zenso01.jpg

 スーパーマーケットを舞台とした作品のOP。一人称視点のようなカメラと、流れていく商品棚。スピード感がある。日常生活の一部のはずのスーパーが、何か大きなイベントが行われる場所に見えてくる。
 たっぷり20秒の大好きな前奏部分。このテーマで記事を書くことにしたきっかけの一つだったり。



波打ち際のむろみさん 「七つの海よりキミの海」

zenso10.jpg
zenso11.jpg

 体が動き出すようなリズムと切り替わりの早い映像。タイトルロゴに重なる光のエフェクト。トンチンカンで勢い重視の物語が始まることを予感させる。
 指文字を採用した珍しさからか、良OPの話になるとしばしば登場するこのOP。この曲のフルバージョンを聞いたことはあるだろうか。なんと前奏がショート版の4倍以上。前奏OP界の隠れた実力者と言えるのかも。



境界線上のホライゾン 「ZONE//ALONE」

zenso16.jpg

 えげつないOP。歌詞も、歌も、曲も、映像も、すべてがえげつない。ここでいう「えげつない」とは、かなり高いランクの誉め言葉と受け取ってほしい。
 そんなOPの中でも特にえげつないと思うのが前奏部分。何を食べればこんな前奏作れるんだろう。本当にえげつない。感情を優先しすぎて全く説明になってない。



日常 「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」

zenso12.jpg
zenso13.jpg
zenso14.jpg

 一見ただのキャラクター紹介型OPだけれど、いろいろと規格外の作品である日常はキャラクター紹介もどこかおかしさがある。へんてこなポーズや行動を見た人々はまず困惑し、何週か後に同じシーンが本編にも出たのを見て驚いたのではないだろうか。
 一方私を含む原作既読者は前奏部分を見て、あのエピソードを取り上げてくれるのか、製作陣わかってるな、楽しみだな、というふうに盛り上がったのであった。
 人によって楽しみ方が変わる愉快なOP前奏。



おジャ魔女どれみ 「おジャ魔女カーニバル!!」

zenso05.jpg
zenso06.jpg

 魔女と言えば箒。箒といえば魔女。常識である。ならば魔女アニメが箒から始まるのは自然なことか。
 コマ送りしたくなるほど細かく動く上昇シーンは、見習い+小学生の勢いの良さが出ているよう。元気のいい曲との相性もばっちり。
 飛行姿勢が安定して、街を見下ろしながらゆったりと飛ぶところは、日常と非日常が交わっているみたいで好き。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント