2016年10月12日  話数別感想 

ガーリッシュナンバー 第1話感想

 この内容の作品をこのタイミングで投げてきたことに興味惹かれる。すなわち、アニメ視聴者は声優にも興味があり、声優業界ネタでウケてくれると製作陣は読んだということ。
 実際アニメ視聴者はどれくらい声優に興味あるんだろうね。それも、中の人ネタとかではなく声優本人への興味。ファンが増えているのは確かだろうけど、具体的にはどのくらいなんだろ?

 声優のことを知らなくても楽しめるつくりになっているとは思うけれど、知っていればまた違う見方ができそう。私も人並みに声優番組などを見るので、いろいろと気付くことがあった。
 例えば主人公と売れ子金髪ちゃんの年齢とか。金髪ちゃんは若さを生かしてバリバリ売りだしてる感じだから17歳かな。業界慣れているとはいえ、ほぼ初対面の相手が5歳以上年上だったら敬語から入るだろうから、主人公は未成年かな。そんなことを考えながら見ていた。
 年下の先輩の立場の苦悩をいろいろなところで見てきたので、終始よそ行きのような態度を崩さない金髪ちゃんも、対等の立場で接してくれる仕事仲間がおらず、年が近くてため口を聞いてくれる知り合いができて喜んでいるのかも、なんて思ったり。

 主人公の性格悪いなあ。どうやって事務所に入り、仕事を得たのやら。まあそこらへんはフィクションということなのかな。
 普通の物語なら壁にぶつかって成長するところ。まずは、役者志望の人の怒りを買う展開が見えているか。でもこの主人公には、成長しても根っこの部分は変わらないでいてほしい気もする。
 ちなみに私は役者意識の高い声優を応援したくなるタイプ。週に何本も声優番組を見ながら言っても説得力ないか。

 他にもフィクションらしさのある場面がいくつかあって、現実に近い世界ではあるけど、ガチガチのリアルとは違う感じ。見やすいようにうまく崩して表現してもらえるのは歓迎。
 ただし、「OPのライブ、生歌にしては上手すぎる。フィクションだなあ」というのはちょっと疑問。歌うま声優はこれくらいやってきても不思議ではない。

 共通のキャラクター原案の作品がいくつかあるけれど、どれもかわいい。特に瞳が特徴的。この瞳が曇るとどうなるのかずっと見てみたかった。甘えた主人公が「わからされる」展開が待っているであろうこの作品は最適かもしれない。
 「はじめまして。君のことをずっと見ていたよ。君の顔が曇るところを見てみたいなあ。きっととても美しいんだろうなあ」私の想いをセリフにしてみると怖すぎた。完全にサイコパスだ。狂っているのは否定しないけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント