2017年11月26日  雑記 

アニメを見られなくなった

下は私が全話見たアニメのクール別本数。

2014冬 29
2014春 19
2014秋 16
2015冬 8
2015春 11
2015夏 16
2015秋 17
2016冬 10
2016春 8
2016夏 6
2016秋 9
2017冬 4
2017春 2
2017夏 5

波はあるけれど徐々に本数が減っている。4クールアニメなども数に入っているので見ているアニメは数字以上に少ない。過去アニメ鑑賞に力を入れ始めたというわけでもない。

なんだかアニメを見られなくなってきた。一過性のものだと静観していたら数クール同じ状態が続いたので、これはいけないと思い原因を考える。


時間がない

昔よりやることは増えたけど、それでも週20本くらいのペースなら無理なく見られるくらいの時間はあるはず。以前計算したことがあるのでそれは確か。

別の趣味に時間を取られている

これは有力。漫画、ニンテンドー3DS、ブラウザゲームに使う時間が昔より増えている。ようつべで適当な動画をぼーっと見ていることもよくある。

目や脳が疲れている

これも有力。疲れていると全てにおいて意欲が落ちる。疲れは気合いでカバー!と行きたいけれど、そう簡単なことではない。

アニメのことを嫌いになった

そんなことは考えたくない。


理由はいろいろ考えられるけど、次の理由が一番大きいことはよくわかっている。

アニメを見るハードルを自分で上げている

自分はアニメファンなのだから、万全の体制でアニメを見るべきだという想いが強くなったのが良くなかった。

体調はいいか?心の準備はできたか?疲れはたまってないか?トイレは済ませたか?家族に声をかけられる心配は?アニメに敬意を表す座り方や姿勢はOK?

色々なことが気になって、アニメ配信サイトを開いてからためらったり、ウインドウを消すことが何度もあった。期待しているアニメに対してはこれらのチェックがさらに重くなる。


では再びアニメを沢山見るためにはどうすればいいのかというと、アニメを雑に見る気持ちを持てばいい。変に上がってしまったハードルを下げる必要がある。これまでアニメを大事に見ようとしてしてきたのに、急に逆のことをやろうとしても難しいけれど。

あと睡眠時間の確保も大事。やはり疲れてないほうが見やすい。深夜アニメを見るために早く寝るというのは、矛盾しているようで面白いね。


色んな趣味を持つようになった今でも、アニメが特別なことは変わらない。

私はアニメを見ていて好みの展開に出会ったときなどには、「うっひっひ」と奇声を上げて喜びながら、幸せに包まれる。こういう楽しみ方ができるのはアニメだけ。

まだまだアニメから離れるつもりはない。改善していきましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント