2015/12/30

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選

「話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選」参加サイト一覧
http://shinmai.seesaa.net/article/430648488.html

面白そうな企画を見つけた。自分もやってみたくなったので書いてみる。
作品ごとの10選を先にやってしまったが、それとはまた違うアニメが登場するのではないかと思っている。
ここの文章を書いているのは選考を始める前。どうなるのか自分でも楽しみだ。

聖剣使いの禁呪詠唱 第2話「我が剣に宿れ魔焔」

ショッピングセンターに行く話。歴史に残る迷作のイメージを決定付けた回。
やたら簡素化されたヤシの木、20個くらい頭がある9頭の化け物、意外と動ける石化などこのアニメを代表する名場面が集まっている。
常識を超えた尺稼ぎの6話、ラストシーンなのに作画が崩れていた12話も捨てがたかったけれど1話選ぶならこれかと。

てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう 第9話「映画館と動物園で遊ぼう」

リア充という言葉が似合い常に光の中を歩いてきたアイドルと、友達が少なく自分の道を貫いてきたサブカル好きのアニメ声優が出会ったとき、どんな会話が行われるのか。これはアニメなのか声優番組なのかもはやわからないが、非常に興味深かった。
この二人によるラジオも合わせて聞いてほしい。

放課後のプレアデス 第4話「ソの夢」

どんどん飛行能力が高まってきた5人がついに宇宙に行く話。
宇宙に行くという娘の書き置きを見て、娘がそう言うならそうなんだろうと信じ、娘がいるであろう宇宙へ向けて音楽を送る両親が本当に素敵。
お菓子の星に着陸する場面も好き。
他の10選記事でも言っている通り、私にとってプレアデスは今年のベストアニメで、どのエピソードを選ぶか本当に難しかった。「ななこ13」にすべきか悩みに悩んだ。最後は印象的な場面の強さで差がついた気がする。このあたりに話数単位10選の面白さがあるのかも。

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第25話「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 傑作選」

第25話という話数が示す通り、最終盤のエピソード。主人公と宿敵の戦いが始まり、普通ならラストへ向けて盛り上がるべきタイミングで挿入されたのは、全く関係の無い話。その内容は今までに出てこなかったエピソードを使った総集編。つまり総集編という名のショートショートである。
このタイミングでこれをやるのか!
制作陣の頭のおかしさはわかっているつもりだったのに、それでもこのエピソードが始まった時に受けた衝撃といったら、今年のアニメ体験で一番すごいものだった。それこそ、下の回のBパートにも負けないくらい。

がっこうぐらし! 第1話「はじまり」

もはや説明不要。今年のアニメを語る上でこの回は外せないだろう。
私はアニメがっこうぐらしの序盤を見て、これは自分に極端にフィットする作品だと確信し、フレッシュな状態で原作を見るためにアニメの視聴をやめた。こんな切り方をしたのは初めてだ。でもまだ原作を読めていないのは秘密。

SHIROBAKO 第23話「続・ちゃぶだい返し」

前半で監督と原作者が会い、後半でラストシーンの音声を撮り直す話。メイン5人のうち4人が夢を叶えたり進む道を見つけたりする中、1人残された声優の子。役者の厳しさを強調する場面が多かったことや、アニメ制作の話の方を終えないといけないことから、このまま終わってしまうのではないかと思っていたが、しっかり救済されて良かった。
「全員救済しなきゃ!」とばかりに少し無理やり入れられたエピソードにも見える。でもご都合主義を感じながらも良いと思えるってことは、きっとすごく優れているんだろう。友人は号泣しているのに本人はプロとして落ちついて仕事してるのがまた良いんだ。

響け!ユーフォニアム 第8話「おまつりトライアングル」

主人公とヒロイン(?)が山に登る話。2人の絆が語られる回。互いにかけがえのない存在のようで、言葉もあまり必要ない様子。言葉がないから若干視聴者も置いてけぼりになり、2人の絆の強さにただ憧れるしかない。嫉妬すら覚える。
百合とかカップリングとかそういうものを超えた何かを感じた。なんなんだろうこれ。

ローリング☆ガールズ 第6話「電光石火」

三重vs愛知が決着する回。バイクを失って窮地に陥ってから、自転車で猛追し、最後には空中を滑走するまでの流れが素晴らしい。
現実ではあり得ないことをアニメの世界で行う時に必要な「説得力」がこのアニメには十分に備わっていた。
アニメの楽しさを大いに味わえる名エピソード。

うーさーのその日暮らし 夢幻編 第9話「青い海白い砂浜、黒いうーさー」

海岸に並べられた棺の中に入ったまま会話する話。意味不明な説明だが本当にそういう話なのだから仕方ない。
前衛的なエピソードが多かったうーさー3期の中でも特に極まっていて、もはや面白いのかどうかすらもわからない。妙に記憶に残っていたので選出してみた。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第3話「夏に眠る骨」

クラスメイトの祖母がいなくなってしまう話。おばあさんは生活の辛さに耐えかねたのではないことを示されてからの、ラストシーンの綺麗な日の出。素晴らしかった。
若い自分も弱音吐いてばかりいられない。



話数単位でインパクトのあったものを選んでみたらこんな感じになった。
他にも紹介したい回は沢山ある。うーん、語り足りないぞ!

この企画を初めてやってみてわかったのだが、話数単位となると相当記憶に残っていない。1年前のアニメをなかなか思い出せないのは想定内。でも少し前に見たはずの秋アニメまでこんなにあやふやになるものなのか。
どの話がどんな内容なのか調べながら作業を進めたものの、思い出すのにも限界があり、最終的には年末まで残るような強い印象を受けたエピソードを中心に選んだ形となった。

作品別10選に入っていないアニメが半分以上を占めているのが面白い。
どの話も面白く平均値の高い作品が「作品別」に入るとしたら、「話数単位」に入るのは一瞬のインパクトに長ける作品なのかもしれない。

来年もまたやりたい。年末に記事を書くことを考えながらアニメを見ていくと、選び方も変わってくるのだろうか。そのあたりも楽しみ。
スポンサーサイト



2015/12/30

2015年TVアニメED10選

OPに続いてEDもまとめていく。
OPに比べて映像の動きが少ない分、曲の良さや、作品との相性などが強く反映されてるのではないかと思う。

純潔のマリア

2015ed02.jpg
優しい雰囲気の曲と映像が作品に合っている。
Fullで聴くと別の曲に変身するので興味のある人は是非。

ミス・モノクローム -The Animation- 2

2015ed04.jpg
サビ前のドラムが心地良い。

パンチライン

2015ed07.jpg
絵柄が可愛い浄化ED。

探偵歌劇 ミルキィホームズTD

2015ed01.jpg
ミルキィホームズのアニメとは思えないような(笑い)綺麗なED。
静止画数枚だけだが、力強く前進を続ける少女の姿がしっかり描かれている。

空戦魔導士候補生の教官

2015ed03.jpg
お世辞にも内容が濃いとは言えないアニメだがEDはガチ。

おそ松さん

2015ed05.jpg
この映像をどのようにして作ったのだろう。作るのにどのくらいの手間がかかったのだろう。
イヤミが歌い出した時には笑った笑った。

それが声優!

2015ed06.jpg
これまた手がかかったED。
毎回見るのが楽しみだった。

対魔導学園35試験小隊

2015ed08.jpg
シンプルでセンスある映像がいとうかなこのかっこいい曲にマッチしてとても気持ちが良い。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編

2015ed09.jpg
オシャレでクール。

放課後のプレアデス

2015ed10.jpg
OPが美しさならEDは優しさ。この作品になくてはならないED。

プレアデスの話ばかりで申し訳ない。何度も話題にしたくなるくらい良かったんだ。


OPEDともに選ばれた作品は2つ。色々な作品から選ぶことができたと思う。
2015/12/30

2015年TVアニメOP10選

OPED好きとしてこの総括は外せない。
今年も素晴らしい曲や映像が出揃った。

ランス・アンド・マスクス

2015op07.jpg
幼女が不思議空間に囚われている映像。不思議空間が不思議すぎて、大画面・高画質で見てみたくなる。
ただのイメージPVなのかと思いきやきっちり本編とリンクしている点も好印象。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

2015op06.jpg
OPを見て精神が犯される思いをしたのは初めてかもしれない。
膨大なエネルギーを含んだ化け物じみた何か。

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2ndシーズン

2015op02.jpg
なんといっても冒頭がかっこいい。それだけが言いたかった。

ノラガミ ARAGOTO

2015op09.jpg
曲の尺的にサビが2回来ることを利用して、毘沙門と恵比寿の見せ場を入れているのが気持ちいい。
上の画像には採用してないけれど、恵比寿が宙返りする場面が好き。ふんわり感ある。

六花の勇者(OP2)

2015op05.jpg
物語も中盤に入り、いよいよ戦いが始まろうかというときにこのOPが登場する。そりゃあ惚れるでしょう。

おそ松さん

2015op08.jpg
聞いていて楽しくなれる曲とそれにぴったり合わせた映像のコンビネーション。
動かすところしっかり動かしている感じがあって好き。

落第騎士の英雄譚

2015op10.jpg
本当にかっこいいんだけど、今の私にはこのかっこよさを表現する能力がない。
好きな場面は色々あるけど、監督:大沼心が見たくなってこの画像を貼り付けてみた。

プラスティック・メモリーズ

2015op04.jpg
くるくるアイラちゃんいつまでも見てられる。足を運んでから体をひねる動きが見ていて気持ちいい。
曲も作品の底に流れる悲しさと少しの優しさを示しているようだ。

放課後のプレアデス

2015op03.jpg
魔法少女ものらしい映像を鮮やかな色遣いで飾っていてとても美しい。
画像は一瞬だけ映るピースななこちゃん。

アブソリュート・デュオ

2015op01.jpg
今年のOPを語る上でこれははずせないでしょう!重心を感じさせるアクションが気持ちいい。
天体のメソッドEDを見た直後にこれと出会ったので、強い思い入れがある。

このOPを見た人ならば、なぜ上にこの場面の画像を張り付けているのか不思議に思うかもしれない。後半のあの場面を選ぶのが妥当だろうと。
この映像の魅力である重心移動が一番すごく、私にとって印象的だった場面を選んだつもりだ。



惜しくも選外となったOP

干物妹!うまるちゃん
銃皇無尽のファフニール
コメット・ルシファー
ハッカドール THE あにめ~しょん


タイトルに10選と書いた以上、選外を載せるのはあまり良くないことなのかもしれない。それでも載せたくなるくらい僅差の勝負だった。
この14本の質の高いOPを選んだとき、ここから10本選ぶのだと知って頭を抱えた。この時ばかりは、人類が14進数を採用していればよかったのにと思った。
しかし、うまるOPが落ちるとは夢にも思わなかったなあ……。

映像を見て振り返っている間は至福のひと時だった。
やっぱり主題歌映像っていいものだなあ。
2015/12/29

2015年アニメ10選

ビキニ・ウォリアーズ

昔ながらのRPGの主人公を女性にしたもの。勇者はゲスじゃないといけないことをよくわかってらっしゃる。ギャグの一つだと割り切ったサービスカットも素敵。

わかば*ガール

30分枠の日常系アニメを見るたびに、短いエピソード3つくらいで30分を使うなら最初から短い枠でやればいいのではないかと思ってた。
本作でそれが正しいと証明されて、思わずニヤリ。

シドニアの騎士 第九惑星戦役

やっぱり安心のクオリティ。
最後のまとめ映像を見て、一回一回の戦闘が命がけだった時もあったなあ、遠いところまできたなあ、としみじみした気持ちになった。

聖剣使いの禁呪詠唱

駄作には間違いないと思うんだけど、これだけ突き抜けていれば立派な個性だろう。
間違いなく、今年一番笑ったアニメ。

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン

狂気的ともいえる原作を劣化させないようにアニメ化するにはどうすればいいか?示された解答は、「原作に負けないくらい狂う」だった。
制作陣の脳内が心配。

ハッカドール THE あにめ~しょん

キャラクターがいきいきしていたという点では今年トップクラスなのではないかと。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

自分がどんなアニメなのか理解していて、その通りにふるまったような作品。
やっぱり突き抜けてるって武器なのだ。

のんのんびより りぴーと

田舎設定を生かした贅沢な間の使い方は健在。

落第騎士の英雄譚

面白かった!
毎回見せ場が用意されていて目が離せないしワクワクする。
バトルラノベってだけでスルーしてはいけないと教えてくれた良作。

この作品については別に記事を用意して話してみたい気もする。

監獄学園

エンターテインメントとしてトップクラス。本当に楽しかった。
視聴者の感情をグイグイ引っ張る音楽も素晴らしかった。

放課後のプレアデス

美しい。ただ美しい。
「好き嫌いはわかれるだろうけど、私は好きだよ」というような感想を持つことが多い私だが、この作品は多くの人に見てほしいと思った。
名作。


番外編

リトルウィッチアカデミア
久しぶりに映画館に行くきっかけとなった作品。最後に映画館に行ったのはなんと1999年。
正統派アニメという感じでとても爽快だった。再び続編作られないかなあ。
2015/12/29

2014年アニメ10選

2015年も終わりが近付き、今年印象に残った作品をまとめる気満々でいたが、積みアニメの消化がなかなか終わらないため、まだ取りかかることができない。
書きたい気持ちを抑えるために、去年の作品を振り返ってみたい。
考えてみればしっかりとまとめたことがないし良い機会だと思う。

対象
私が全話見たアニメで、2014年アニメだと思っているもの

アルドノア・ゼロ

リアル系ロボに乗ってスーパー系の敵を倒すロボットアニメ。
現代的でシリアスな雰囲気を出してはいるが、面白さの本質は昔のロボットアニメに近いと思う。次々にすごいロボが出てきてかっこよさを感じる、単純な気持ちだ。「男の子的」とでも言えようか。
1クール目のラスボスを見た時は「えっそんなの出していいの!?」と驚いてしまった。

人によって好みが分かれるのは見ていてよくわかる。私は気にいった。雰囲気をまともに受け止めシリアス作品として見るとよくないのかもしれない。勢いを楽しむのだ。

ヤマノススメ セカンドシーズン

正直なところ第1期はいまひとつだった。しかし放送時間が長くなって大化け。
少女の日常生活を描いた作品の中では頭一つ抜けた出来だと思う。
それにしても家が大きい。

ノブナガン

主人公の成長する姿、得体の知れない敵の怖さ、登場キャラが全員活躍する点などが魅力。

初めて主人公の声を聞いたときは、これだけで作品がダメになると思うほど印象が悪かったのに、最後の方ではこの声以外考えられなくなった。不思議なものだ。

ノーゲーム・ノーライフ

最近流行の「俺TUEE系」の一種で、主人公がとても強い。よくある作品との違いは対戦相手も超強いこと。「しっかり苦戦した上で圧勝する」姿は痛快。

ばらかもん

暖かくて爽やか、見ていて気持ちの良い作品。もしかしたら人間もそんなに悪いものではないのかもしれないと思わせられる。

未確認で進行形

絵が綺麗で動きが滑らか。それゆえ登場人物も生き生きしてくる。アニメの楽しさがたっぷり詰まった良作。細かいところに制作陣の愛を感じる。

SHIROBAKO

次々にイベントが起こる飽きさせない構成が素晴らしい。個性豊かな登場人物たちが面白さを支える。
愉快なファンタジーと辛い現実を両方含みながら、明るい雰囲気を保つバランス感覚が絶妙だった。

四月は君の嘘

特に物語前半、母親のエピソードが一段落つくまでの展開が神がかっている。
動きバッチリ、色使いバッチリ、演出バッチリ、間の取り方バッチリ、演技バッチリ、音楽バッチリ。全く隙が無い。
そんなに悪くない後半がかすんでしまうような前半だった。大好き。

ピンポン THE ANIMATION

偉大な原作にも負けないアニメだった。見ていて感情を動かされたという点においては、今までに見たアニメの中でもトップクラス。ぜひ見てほしい。

スペース☆ダンディ

アニメをはじめとした映像作品や創作物を見る上で、見たことのないものを見たいという欲求がある。この作品はその欲求を大いに満たしてくれる。
一つ一つの話が刺激的で2クール続いても全く飽きがこない。
こういう作品は無くなってはいけない。



2014年は特に多くのアニメを見たこともあり、沢山の良い作品に出会えた。
2015年版も年が明けるまでに書きたい。