2015年10月19日  話数別感想 

2015年秋アニメ第1話感想

夏アニメの感想を書き終える前に秋アニメが始まってしまった。残った夏アニメについても時間を見つけて書いていきたい。しかし秋アニメを沢山チェックしており、しかも自分に合う作品を多く見つけたため、時間が空くかどうか。ちょっとした嬉しい悲鳴である。

それでは今期も第一話の感想を書いていく。


評価・お気に入り度の目安
 A 今期トップクラス候補!
 B 楽しく見られそう
 C 特に問題なく見続けそう
 D 時間が空けば見る
 E またいつか・・・

ランス・アンド・マスクス A
主人公が使い道がある時にもない時にも大きな槍を持ち続けているのが妙に面白い。騎士だからそこは仕方ないよね。
物語がわかりやすく、キャラクターも気に入った。見ていて気持ち良いアニメ。

ヤング ブラックジャック D
名作のタイトルを受け継いでいるだけあって、質の高い作品になる予感はある。しかしながら、見ていて楽しいと思えるタイプではないのも確か。
梅原裕一郎が売り出されるのはわかっていたけれど、早くも良い役を手に入れたなあ。これからどんどん活躍するのだろうか。

かみさまみならい ヒミツのここだま D
良くも悪くも子供向け。優しい世界と見るか、刺激が足りないとみるか。
期待の新人本土楓がどんな仕事をするのか知りたい気持ちがあるので何話か見てみるつもり。

影鰐 -KAGEWANI- D
ホラーアニメは貴重だし良いと思うのだけれど、UMAの話はありきたりになりがち。どのあたりにオリジナル性を求めるのだろうか。

ハッカドール THE あにめ~しょん A
一見量産型アニメのようでいて、意外と類似作品が思いつかない。こういう馬鹿馬鹿しいのは好きなので楽しめそう。
どこかで見たことがあるような、印象的な作画についてはまた別に記事を書く予定。

温泉幼精ハコネちゃん C
のじゃロリ!のじゃロリじゃないか!

学戦都市アスタリスク D
舞台になる学校はスポーツ選手養成所のように見えるけど、やってることは剣闘士。ゆるい雰囲気と殺伐とした設定のギャップが良い。野次馬たちが決闘を囲んで楽しそうにヤンヤヤンヤ言っていたが、こういう学校に通ってるだけあってちょっと頭のネジがはずれた連中なのかもしれない。
この手のアニメには珍しく2クール放送が発表されているので、視聴継続する者は半年付き合うことを覚悟しよう。

ヘヴィーオブジェクト B
最初に入る世界観を説明する語りに耐えられるかが一つ目の関門。私は乗り切れたが、ここだけ見て嫌になる人がいても不思議ではない。
雰囲気は良し。色々と気になる点はあるものの、自分なりには納得できるものだった。兵器の見た目が圧倒的にダサいが、機能重視ならあんな感じになるのかもしれない。軍隊なのにノリが軽すぎる気もするが、戦闘がオブジェクト頼りになっているならこんなものなのかもしれない。
こんなストーリーなのにサービスシーンがあるからノリが軽いとか思われるのだ。でも脱衣まではさせないところを見ると「これはエロアニメじゃないんだからそういうのが見たい人は帰ってよね!」というような意志が伝わってくるような……こないような……。
超テクノロジーのロボットアニメで、強大な敵にも負けずに戦う花江夏樹キャラを見ると、アルドノアゼロを連想するところ。本作の主人公は戦力差を覆し鮮やかに勝利することはできるのだろうか。そういう作風ではないか。

落第騎士の英雄譚 B
今期には「学園バトル」とでもいうような作品が妙に集中している。その中でも最もテンプレ通りで最も尖っているのがこのアニメ。それだけでも十分な存在価値となり得る。「このへんはよくある展開だから、詳しく言わなくてもわかるよね?」とばかりに高速で進む展開が、癖になりそうなスピード感を生んでいる。こういうタイプのアニメが好きな人にはたまらないだろう。
本作が他と違う点として、登場人物達の目的が分かりにくいことがある。そもそも騎士ってなんなんだ?なぜ養成学校がいくつもあるんだ?そのあたりがあまり示されていないように思える。後々視聴者心理に影響してくるかもしれない。
OPの音楽を酒井ミキオが歌っていることが話題になっているが、映像も大沼心が手掛けた白黒アニメであることにも注目してほしい。かっこいい動画に仕上がっている。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 C
とにかくOPがすごい。いわく、危険ドラッグをキメている。いわく、外国人が作ったMAD動画。いわく、風邪をひいたときに見る夢。とにかくすごい。ずっと見ていると頭がおかしくなってきそうだ。
そんなにおかしいOPで始めておきながら、内容はわりと普通なのがずるい。……いや、これを普通というのもどうかしているか。OPの見過ぎで洗脳されてしまったようだ。OPがすごいので本編がかすむ。

北斗の拳 イチゴ味 A
これにA判定つけるのもなかなか頭がおかしいが、聖帝の笑い声にはそれだけの価値がある。次回以降はどうなるのかしら。

DD北斗の拳 D
1回見るなら面白い。でも12回見るとなるとちょっと違う。

ワンパンマン A
原作をよく知っている作品。OPで盛り上げたり、バトルシーンを動かしたりと、熱い展開を目指している印象。中盤以降はどうなるだろうか。原作の持つ、熱さと脱力感のほどよい緩急を表現できるだるだろうか。楽しみにしている。

DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD B
まさかの続編!嬉しい!かっこいい登場人物に惹かれる人ならば胸をときめかせられるし、そうでない人も笑顔になれる、素敵な作品。もっともっと多くの人に見てほしいと心から思う。

櫻子さんの足元には死体が埋まっている A
第1話は完璧、文句なし。今期の中でもトップクラスのアニメになるだろう。
ゴシックや氷菓を思い出す作品。探偵役だけでなく助手役も頭が良すぎて視聴者がついていけないということにならなければいいのだが。

ノラガミ ARAGOTO B
原作を読んだことはないが、今回アニメ化されるのは物語が盛り上がってきて面白くなる範囲なのではないかと想像する。準備段階だった第1期でもかなり面白かったので、第2期がどれだけ面白くなるのか楽しみだ。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ D
やばい!何がおこっているのかまるでわからん!1話で見るのをやめてはいけないと直感が告げているとはいえ、たとえ視聴継続したとしてもついていける自信が全くない。
ボンズは原作があるときは丁寧な仕事をするけどオリジナルアニメを作る時は視聴者を置き去りにして自分たちの好きなことをやるなあ。嫌いじゃない。

コメット・ルシファー A
謎の女の子とロボットが出てくる話、と表現するとありきたりではある。背景の街の描き方に大きな可能性を感じた。自分が好む、空間の広がりや空気感を表現する作品になるのではないかと期待している。

小森さんは断れない! E
テーマは良いのだけれど、短すぎて登場人物の魅力が伝わってこない。2分枠の難しさを知った。

緋弾のアリアAA C
第一期は主人公の言動が最大の見どころで、とても面白いアニメだった。第二期ではその主人公がほとんどでてこなさそうだが、どのような点が魅力となるのか注目したいところ。
バトルものの主人公コンビは
1.イレギュラー&最強
2.最弱&最強
の2パターンのどちらかであることが多く、その中でも1が多数派だというイメージがある。本作は2だと見せかけておいて、実は1の方だろうか。

おそ松さん A
第1話を見ただけでは2話以降の想像がつかないけれど、視聴者を楽しませようとする気持ちは伝わってきたから多分大丈夫だろう。OPEDもよく動くし、力を入れて制作されているのだと思われる。
実はおそ松くんについてあまり知らない。知っていることは以下の3つくらい。
・イヤミ「シェー」
・ちび太のおでんはサークルK
・空気はうまいが街へは遠い
でも他の人もこんなものだろうし、支障はないだろう。

てーきゅう 6期 B
いつも通り。

探偵チームKZノート E
昔大好きだった「少年探偵団」という言葉にワクワクしなくなった。私も歳をとったものだなあなんて、若造の分際で考えてしまうだった。
オラオラ系男子が出てくる乙女アニメが好きな人には合うかもしれない。

進撃!巨人中学校 B
原作漫画はギャグ作品としてそこそこの出来なのだが、音楽を手に入れて大きく化けた。Revo曲、澤野曲、次回予告……。ギャグアニメにとって音は重要な要素なのだとまたしても再確認させられた。

不思議なソメラちゃん B
ちょぼらうにょぽみ……いまざきいつき……天津向……ああ……。

ミス・モノクローム-The Animation- 3 B
これもまたいつも通り。

Peeping Life TVシーズン1?? D
芸人のコントをアニメにしたらどうかなるのかという作品。アニメならではのことをするのか、現実そのままの路線なのか。そのあたりに興味がある。

Dance with Devils C
アニメの第一話を見るときはできるだけ前情報を入れないようにしているので、最初は「まーたブレインズベースが乙女ゲーをアニメ化したのか」みたいなことを思いながら画面に向かっていた。そうしたらあのAパートが流れたものだから驚いた。後から公式サイトを見ると「オリジナルミュージカルアニメ」とはっきり書かれていた。通りで歌うわけだ。前情報がなかった分、より衝撃が大きかった。
ウリとなるであろう音楽はElementsGardenが担当。良い曲を作ってくれると期待している。
この手の作品はキャラクターや世界観のかっこよさを描こうとしてそれがおかしさにつながることが多々ある。本作にもそれがあり、妙にゆるやかな螺旋階段や、チェスではなく将棋で格好をつけるイケメンなどは面白い。それでも悪魔をテーマとした作品ならではの不気味さを、うまく間をつかって表現しているので、全体としては楽しめるつくりになっているのではないだろうか。

対魔導学園35試験小隊 B
雰囲気よし。主演の演技プランがシリアス寄りなのも好印象。序盤には小隊メンバーを掘り下げて、中盤以降に小隊の外の世界を描写していけば、楽しいアニメになるだろう。
1話の中に色々と詰め込まれていた。キャラクター紹介あり、アクションあり、過去をにおわせる発言あり、サービスシーンあり。スピード感があったが、淡々と進んでいったとも言える。テンポよく進む情報量の多い作品になるか、見た目ほど内容のない作品になってしまうのか。そのあたりにも注目して見ていきたい。
ある程度の期間二次元に関わってきた者として、魔法・銃>剣がはっきり示される世界観はちょっとした衝撃だった。

ヴァルキリードライヴ マーメイド D
ばーか!!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト
2015年10月02日  作品別感想 

六花の勇者 感想

作品の舞台はファンタジー世界である。戦士たちは剣や槍、あるいは神からもらった不思議な力を使って戦う。主な移動手段は馬。人々は豊かな自然の中で生きている。王様が国を治める。中南米の古代文明にありそうなピラミッド型の神殿が各地に立てられている。

このような設定でミステリー系の展開になるのだからたまげた。魔物を倒しに行く仲間に紛れ込んでいる偽物を探すのがこの作品のメインストーリーだ。
原作小説ではこういう展開になることは早いうちに明示されている。アニメでもCMや公式サイト見ればわかる。しかしアニメ本編だけを見ると、「ファンタジー世界で魔物を倒す旅に出た!王道でわくわくする!仲間が集合したと思ったら仲間割れを始めた!・・・いつまで喧嘩しているの?残り話数がないよ?」と、こんな感じである。仲間割れはアニメの最後まで続くし、アニメの範囲が終わってもまだ仲間割れしてる。そういう作品なのだ。第一印象とのギャップが大きい。
ミステリーの言葉ではクローズドサークルというのだろうか。台風に襲われた孤島など、出入りができず外部と連絡もとれない状況で、その場にいる者のうち誰かが犯人というジャンル、本作はそれに似ている。
登場人物は疑心暗鬼になり殺し合いを始めてしまうのだが、ファンタジー世界の戦士たちだけあって争いもダイナミックでスピード感がある。普通のミステリーにはない本作の魅力といえるだろう。

登場する7人の勇者について簡単にまとめてみよう。今回は実験的にキャラクターを番号で呼ぶことにしてみる。

勇者1 主人公。地上最強である。卑劣な秘密道具を使う。
勇者2 お姫様。勇者1のことを気に入っている。
勇者3 元々敵だったが今は人間側についている。大胸筋矯正サポーターをつけている。
勇者4 勇者2の部下。お姫様のことが大好き。大胸筋矯正サポーターをつけている。
勇者5 唯一の年長者であり能力も万能なので周りからの信頼が厚い。
勇者6 若いが強力な能力を持っているため偉そうで発言も過激。幼女のように見えるけれど実は中学生くらいだ。
勇者7 殺し屋さん。見た目だけなら一番怪しいが・・・?

ちなみにこのアニメの清涼剤的ポジションは6番と7番である。過激派と殺し屋がオアシスとは信じにくいが、視聴者が10人いたら8人は同意するであろう真実である。このあたりは是非とも本編を見て確認してもらいたい。

この中から偽物を探すわけだが、主人公である1番が罠にかけられ偽物の最有力候補になってしまう。それぞれの最初の意見は以下の通り。

勇者1 自分が疑われているから真犯人を探そう!
勇者2 勇者7かなあ。勇者1は気に入ってるから偽物であってほしくないなあ。
勇者3 強いて言えば勇者1。
勇者4 大好きな勇者2には悪いけど勇者1。
勇者5 勇者1に決まってる!見つけ次第殺せ!
勇者6 強いて言えば勇者3。
勇者7 勇者1が怪しいと思うけどまだ考え中。

12話をフルに使ってこの中に紛れている偽物を探す。推理、心理戦、バトルなど様々な展開があるのだが、その全てには触れないでおく。今回は私がこのアニメ最大の見せ場であると考える5番の振る舞いについて書きたい。

それはアニメ中盤~終盤の以下のような展開である。苦闘の末1番は3番と7番を味方につけることに成功する。2番、6番もなんとかなりそうである。絶望的状況を脱出する道がようやく見えてきた。
しかしここで事件は起こる。5番が嘘の情報を流し、偽物は1番だと2番に信じさせたのだ。2番は信頼してた主人公に裏切られ、怒りに任せて襲いかかってくる。そこにもともと1番を疑っていた4番もノリノリで便乗してくる。強者3人に襲われては耐えられず、大ダメージを負う1番。絶体絶命のそのとき、真相へ至るひらめきを得て、身の潔白を証明することに成功するのであった……。

各勇者が何を思って行動しているのか考えながら見れば自然な流れではある。だが神様視点で見ている視聴者はこう思う。
5番何やってんの。

1番の疑いが晴れた後全員から疑われる5番。当たり前である。この流れは本当に面白いので是非見てもらいたい。
1番を追い詰めるため他の勇者を説得するときには「証拠などなくていい!殺せ!」と言っているのに、自分が疑われているときには「やめろ!何の証拠があるというのか!」と制止する。最初から妙に周りからの信頼を得ていた者が暴走し全員を敵に回す様は、こう言ってしまっては趣味が悪いかもしれないが、痛快だった。

直後に謎が解き明かされ偽物も明らかになる。ここからの展開も突っ込みどころ満載で楽しいのだが、何より5番が面白いので感想はここまでにする。最終盤については多くの人によって語られているだろうしね。

少しだけ真面目な話もしておく。展開の遅さが指摘されることがあるが、下手に物語を進めて変なところでブツ切りにしてしまうよりは良いのではないだろうか。あんまり何も解決してない結末だったが綺麗な終わり方ではあった。あとファンタジー世界の描き方がなかなか気に入った。
この感想だけ読むと面白おかしいギャグアニメみたいに思えるかもしれないが、決してそうではないことを明言しておく。



六花の勇者

満足度 75点
お勧め度 65点
2015年10月02日  作品別感想 

だんちがい 感想

咲月ちゃんがかわいかった
たー



だんちがい

満足度 60点
お勧め度 60点
プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント