2018年01月09日  話数別感想 

りゅうおうのおしごと! 第1話 原作既読前提感想

いやー、ついにアニメが始まってしまった。


・全体的な感想

 話を進めるのが早い!序盤の展開が早い現代将棋リスペクトかしら。第1話で注目を集めるためにある程度話を進めた方が良いのはわかるけど、しっかり描写してほしい場面が軽かった印象がある。具体的には、追い詰められたあいが攻め合いを選ぶところ、対局後の満足そうな様子と「もう一局指そうか」、右手ぎゅっ、などなど。総じて、八一とあいが運命の出会いをした感じが出ていないと思う。ぜひとも次回以降でフォローしてほしいところ。第1巻の分終了までには運命の出会い感が欲しい。


・序盤のカットと邪な気持ち

 原作通りにアニメ化したら、アバンの「師匠の玉」と、Aパート初めの「おしっこ」でアニメ勢が大量に離脱しそうだなー、と邪悪な期待を少しだけしていたのだけれど、カットされた。残念。でもまあ好手でしょう。前者、桜を見ながらの将棋はOPに使われているので、後で回収されるかな。


・アニメならではの場面と心配事

 対局者が考えているとき前後に揺れる動きを見ることができるのは良い。小説だとどうしてもイメージしづらい部分なので。それと扇子パチパチもいい。こういう動きが間に入ると、うまくいえないけれど、なんだか将棋って感じがする。

 原作既読者は気になっていたであろう、鵠さんどうするの問題。今のところ意外と問題なさそう。Anotherと同じようなものだし、案外なんとかなるのかも。偽の声優の公式サイトも作ろう。


・カルチャーショック

 ネット将棋と言えば24の人間なので、ウォーズが出てきて驚いた。そういう時代かー。


・アニメ化範囲

 気になるのがどこまでアニメ化するのかということ。小説は既刊6巻、放送中に7巻が発売される。漫画の連載が3巻終盤なのでそこまでアニメ化すると考えると、1クールでまとまりそうだし、漫画の購入を促進する効果が期待できるので、そうなると読んでいたのだけれど・・・。

1 大いに注目されている作品である

2 なんかやたら名人プッシュしてくる

3 円盤1つに3話入っている

 ・・・以上から、2クールの可能性がある。

 いやー、困る、困ります。何が困るかって、2クールだと5巻がアニメ化範囲の可能性がある。5巻をアニメ化されては私が困る。5巻は本当に素敵なので。アニメ化が決まったときから「5巻やめて5巻やめて」と祈っている。

 この気持ち、わかってもらえるだろうか。素敵な話をアニメ化されるのってとても怖い。もちろん、自分の好きな話こそアニメ化してほしいと思う人もいるだろうし、そこは人それぞれだろう。

 大丈夫、大丈夫。読み通り3巻までだったとしても名人が出てきていることにつじつまは合うはず。大丈夫、大丈夫。でも2クールで行けるところまで行く方針なら、急ぎ気味の展開にも納得できるなあ、とか考え始めて不安になっちゃう。どういう形であれ、面白く作ってもらえたら良いのだけれど。

スポンサーサイト
2018年01月08日  アニメ雑記 

アニメ『りゅうおうのおしごと!』の声優予想を外した話 ほか

 アニメ『りゅうおうのおしごと!』で主人公のライバルである神鍋歩夢は岡本信彦が演じる。岡本は将棋のアマ有段者で、将棋アニメとの相性はバッチリ。予想通りの配役だったという人も多いだろう。

 私は予想を外した。松岡禎丞になるのではないかと読んでいた。岡本と松岡は似た演技をすることもあるが、歩夢を演じるのに必要な可愛さは岡本の方が出せそうなので、今では納得している。キャラクター、声優、モデルとなった棋士がみんな髪が長いことをネタにする準備をしていたのに使えなくなったことは少し残念。


 松岡を予想していたのには理由がある。ほとんどの主要キャストが同じ番組に出演しているのだ。番組公式サイトのURLを載せる。

http://www.ganganonline.com/contents/ganganga_ch/

 パーソナリティが沢山いて毎回入れ替わる構成の番組で、パーソナリティ一覧がページの一番下に書かれている。その中で『りゅうおうのおしごと!』に出演するのは内田雄馬、日高里菜、佐倉綾音、金元寿子、茅野愛衣、小倉唯、久保ユリカと、とても多い。漫画版がガンガンオンラインで連載されていることもキャスティングと何らかのつながりを感じる。以上のようなことと、キャラクターとの相性とを踏まえて、松岡を予想していたわけです。


 少し声優予想の事から離れて昔話。ガンガン系のラジオがきっかけでドラマCDのキャスティングが決まったところを他にも見たことがある。今でもネット上で聴くことができるので下に貼っておく。このときはアニメ版で声優が総入れ替えとなった。

(14:30~) (4:50~)

 ドラマCDが出るまでの経緯が異なるため単純に比較はできないけれど、漫画の連載場所など色々なところが似ていたので、『りゅうおうのおしごと!』がアニメ化されると知ったときに上のキャスティングを少なからず意識していた。さらに言うとアニメ化するときにドラマCDから声優が変更されることはよくある。そういう背景があったため、声優が変更されないことを知ったときひそかに「良かった~」と思っていた。

 なんで良かったと思ったかというと、雛鶴あい(cv日高里菜)が変更されなかったのが嬉しかったから。この配役は好手で、見た瞬間に勝ちを確信して魚釣りに行ってもいいくらいだと思っている。既にドラマCDがあるので声を聴くことはできるけれど、アニメになって動いて喋るところを見られるのはやはり嬉しい。


 もう一人声優予想をしていたキャラクターがいる。ヒロイン雛鶴あいの母親は「北陸の」「迫力ある」「母親」という特徴があり、いかにも能登麻美子が担当しそう。別の将棋アニメでは大沢事務所から3人セットで出ていた。こちらのアニメでも、キャラの関係性は違うけど、能登茅野日高の大沢セットとなるか。さすがにこれは当たっただろ~。


 

 いや~、そんな手があるんですか。1秒も読んでませんでしたねえ(感想戦風に)。


 あっ、そうだ。アニメ『りゅうおうのおしごと!』は1月8日スタート!よろしくね。

2018年01月07日  話数別感想 

ポプテピピック 第1話 感想

面白かった。

何が面白かったのか説明するのは本当に難しい。やってはいけないことをやる人のことをかっこよく思う気持ちが刺激されたのかな。学校のガラスを割るのが格好良いと思うような。体だけ成長して精神が成熟していない私の精神が・・・いや、やはりよくわからない。まだまだ混乱が収まっていないので。


良い反応が少ないであろうことは見ていてよくわかった。面白がってるのは世界に10人くらいかな、でも10人は確実にいるだろうな、そういう気持ちだった。だがそれは間違っていた。視聴者たちは好きとか嫌いとかそういうのではなく、ただただざわめいていて、混乱と怒りが渦巻いていた。

そりゃそうか。

こんなことをやっていても人類のためにならないし、人間はダメになる。それくらいは私でもわかる。もしも称賛されていたら文化の衰退を予感して不安になったことだろう。未来のことを考えると面白がれないアニメって死ぬ直前に見たら後のことを考えなくていいから楽しめるのかな?ざわめきを見ながら、そんなことをぼんやりと考えていた。


このアニメを褒めることは、このアニメを高評価したことにならず、むしろその逆になってしまうのだろう。怒り狂うか、無視をするのが正解なんだろう。多分初めての経験だが、好きなものを褒めてはいけないというのもなかなか辛いものがある。


予想と期待を裏切り続けるのがこのアニメの仕事。それは多分とても難しい。12週間は長いぞ。だけど何を放送するのか全く予想がつかないという状況は、企画発表から第1話放送までの時と何も変わっていないので、チャンスはあると思う。第1話を見る限り、本気で最後までやり遂げようとしていることは伝わった気がする。

ぜひとも私の期待を裏切ってほしい。頑張って。

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント