2018年01月09日  話数別感想 

りゅうおうのおしごと! 第1話 原作既読前提感想

いやー、ついにアニメが始まってしまった。


・全体的な感想

 話を進めるのが早い!序盤の展開が早い現代将棋リスペクトかしら。第1話で注目を集めるためにある程度話を進めた方が良いのはわかるけど、しっかり描写してほしい場面が軽かった印象がある。具体的には、追い詰められたあいが攻め合いを選ぶところ、対局後の満足そうな様子と「もう一局指そうか」、右手ぎゅっ、などなど。総じて、八一とあいが運命の出会いをした感じが出ていないと思う。ぜひとも次回以降でフォローしてほしいところ。第1巻の分終了までには運命の出会い感が欲しい。


・序盤のカットと邪な気持ち

 原作通りにアニメ化したら、アバンの「師匠の玉」と、Aパート初めの「おしっこ」でアニメ勢が大量に離脱しそうだなー、と邪悪な期待を少しだけしていたのだけれど、カットされた。残念。でもまあ好手でしょう。前者、桜を見ながらの将棋はOPに使われているので、後で回収されるかな。


・アニメならではの場面と心配事

 対局者が考えているとき前後に揺れる動きを見ることができるのは良い。小説だとどうしてもイメージしづらい部分なので。それと扇子パチパチもいい。こういう動きが間に入ると、うまくいえないけれど、なんだか将棋って感じがする。

 原作既読者は気になっていたであろう、鵠さんどうするの問題。今のところ意外と問題なさそう。Anotherと同じようなものだし、案外なんとかなるのかも。偽の声優の公式サイトも作ろう。


・カルチャーショック

 ネット将棋と言えば24の人間なので、ウォーズが出てきて驚いた。そういう時代かー。


・アニメ化範囲

 気になるのがどこまでアニメ化するのかということ。小説は既刊6巻、放送中に7巻が発売される。漫画の連載が3巻終盤なのでそこまでアニメ化すると考えると、1クールでまとまりそうだし、漫画の購入を促進する効果が期待できるので、そうなると読んでいたのだけれど・・・。

1 大いに注目されている作品である

2 なんかやたら名人プッシュしてくる

3 円盤1つに3話入っている

 ・・・以上から、2クールの可能性がある。

 いやー、困る、困ります。何が困るかって、2クールだと5巻がアニメ化範囲の可能性がある。5巻をアニメ化されては私が困る。5巻は本当に素敵なので。アニメ化が決まったときから「5巻やめて5巻やめて」と祈っている。

 この気持ち、わかってもらえるだろうか。素敵な話をアニメ化されるのってとても怖い。もちろん、自分の好きな話こそアニメ化してほしいと思う人もいるだろうし、そこは人それぞれだろう。

 大丈夫、大丈夫。読み通り3巻までだったとしても名人が出てきていることにつじつまは合うはず。大丈夫、大丈夫。でも2クールで行けるところまで行く方針なら、急ぎ気味の展開にも納得できるなあ、とか考え始めて不安になっちゃう。どういう形であれ、面白く作ってもらえたら良いのだけれど。

スポンサーサイト
2018年01月07日  話数別感想 

ポプテピピック 第1話 感想

面白かった。

何が面白かったのか説明するのは本当に難しい。やってはいけないことをやる人のことをかっこよく思う気持ちが刺激されたのかな。学校のガラスを割るのが格好良いと思うような。体だけ成長して精神が成熟していない私の精神が・・・いや、やはりよくわからない。まだまだ混乱が収まっていないので。


良い反応が少ないであろうことは見ていてよくわかった。面白がってるのは世界に10人くらいかな、でも10人は確実にいるだろうな、そういう気持ちだった。だがそれは間違っていた。視聴者たちは好きとか嫌いとかそういうのではなく、ただただざわめいていて、混乱と怒りが渦巻いていた。

そりゃそうか。

こんなことをやっていても人類のためにならないし、人間はダメになる。それくらいは私でもわかる。もしも称賛されていたら文化の衰退を予感して不安になったことだろう。未来のことを考えると面白がれないアニメって死ぬ直前に見たら後のことを考えなくていいから楽しめるのかな?ざわめきを見ながら、そんなことをぼんやりと考えていた。


このアニメを褒めることは、このアニメを高評価したことにならず、むしろその逆になってしまうのだろう。怒り狂うか、無視をするのが正解なんだろう。多分初めての経験だが、好きなものを褒めてはいけないというのもなかなか辛いものがある。


予想と期待を裏切り続けるのがこのアニメの仕事。それは多分とても難しい。12週間は長いぞ。だけど何を放送するのか全く予想がつかないという状況は、企画発表から第1話放送までの時と何も変わっていないので、チャンスはあると思う。第1話を見る限り、本気で最後までやり遂げようとしていることは伝わった気がする。

ぜひとも私の期待を裏切ってほしい。頑張って。

2017年12月31日  年間感想 

2017年OPED10選

前言撤回。やっぱり書きたくなりますね。


プリンセス・プリンシパル OP「The Other Side of the Wall」

映像の全てと音楽の全てが刺激的過ぎて、見ていてちょっと身が持たないようなOPであり、最初のうちは見るうちに呼吸が荒くなって本編を見るどころではなくなるため、繰り返し見て体を慣らす作業を行った思い出がある。このOPを見ているときの私の体感時間は約7秒。


終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? OP「DEAREST DROP」

この作品に限らず長い小説のタイトルは叩かれがちで、私もちょっとどうかと思うこともあるけれど、アニメOPでタイトルロゴを出すときには武器になるということをこのOPに教えてもらった。タイトルを画面いっぱいに出しているだけなのに美しいデザインになっている冒頭を見よ。

op01.png 

曲の方も、0秒スタートのボーカルでぐっと心を引き付けられるし、力強くも悲しげな曲調が作品とあっている。本編のアフレコも含めて、田所あずさやるなあ。


リトルウィッチアカデミア ED2「透明な翼」

絶えず動く映像を見て幸せな気持ちになった。私は原則、良く動くものを見るためにアニメを見ているんだろうなあ。


少女終末旅行 ED「More One Night」

白黒アニメは私の原点みたいなものなので好きに決まっている。この辺りはいつか語ってみたい。白黒アニメの中でも、背景を止めずに全コマ少しずつ動かすアニメには良い思い出しかない。


鬼灯の冷徹 OP「大!地獄地獄節」

シロさんの声が好きなので、ほぼずっと歌い続けているこのOPが大好き。良い声を聴くって幸せってことなんだなあ。


キラキラ☆プリキュアアラモード ED1「レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」

プリキュアも見ない、アイドルアニメも見ない、3DCGダンスアニメと無縁の生活をしていたので、突然このクオリティのものに触れるのは刺激が強すぎた。浦島太郎状態。あきらさんに惚れちゃいそう。


ヘボット! ED2「社会のルール」

賑やかなED1からまさかのしんみり曲へ路線変更。何かを示唆する場面の多さにヘボット民は大いに混乱した。大人の世界に染まらず子供の良さを残そうという歌詞を、子供向け番組でやるのも良い。


この素晴らしい世界に祝福を!2 OP「TOMORROW」

物語型OPは大体良作。パーティメンバーの個性を生かして任務を成功させる頼もしい本筋と、走りすぎて体調を崩す場面などの頼りない面のバランスが良い。みんなとにかく楽しそう。


進撃の巨人 ED「夕暮れの鳥」

一目ダーク・・・いや綺麗なED?・・・いややっぱりダークだこれ、という感じ(語彙不足)。EDから次回予告への流れが上手くキマる点は強調しておきたい。


おそ松さん OP「君氏危うくも近うよれ」

前期からはちょっとパワーダウンした感もあるけれど、ノンストップアニメは見ていて楽しい。ラストのゆっくりしたカメラ回り込みも好みだし、その場面のカラ松のスタイリッシュポーズが本当に好き。


次点
プリンセス・プリンシパル ED「A Page of My Story」
トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド OP2「ヘルプ ユー」
DYNAMIC CHORD ED2「ダイアモンドアイズ」


来年もOPED見まーす。

プロフィール

Author:nama
アニメの感想を中心に私が色々なことについて投稿するサイト。
名前は生だけどアニメは録画して見る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント